初心者向けプログラミング資格

未経験でプログラミングの勉強を始めた方は、「自分のレベルを確認しながら、勉強を進めていきたい」と考えている方もいると思います。
そんな方は、「定期的に試験にチャレンジしていきたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。
やはり、資格試験というのは、今まで学んできたことが身に付いているのか確認することも出来ますし、資格取得出来れば自信に繋がるでしょう。
では、初心者向けのプログラミング試験とは、どういった試験があるのでしょうか。

プログラミングを学びはじめた方におすすめの試験は、基本情報技術者試験。こちらは、経済産業省が実施している試験となっており、国家資格となりますから、取得しておくことで就職の際や転職の際に大きな武器となります。
基本情報技術者試験では、どういったことを試されるかというと、情報処理技術者として従事する際、技能や知識が一定以上の水準を満たしているかを確認することが出来る試験。
ということは、この資格試験を取得していることで、転職時などにも「この人は、水準以上の知識や技術力がある人」と判断してもらうことが出来るということ。この試験を目指すためには、情報システムを構築する知識も必要となりますし、運用する技術も求められることになりますから、これらをしっかりと身につけていくことが必要となります。

「これだけの専門的試験となると、独学では難しいかもしれない」と思われる方もいると思いますが、試験を目指す際にはスクールなどの試験対策コースなどを利用することで、試験に必要となる知識や技術力をしっかりと身につけることが出来るでしょう。
社会人向けのコースも多いですから、仕事を続けながら通うことも出来ます。スキルを身につけたあかつきには、センスさえあれば企業での経験がなくともフリーランスとしていきなり活躍する、という道もあるようです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>