IT業界には免許は要らない

IT業界で働くためには免許は必要なのでしょうか。IT業界で働くときに必要な免許や資格を考えてみましょう。

実を言いますとIT業界で働くときには免許は特に必要ありません。せいぜい、普通自動車運転免許があれば仕事をする上では特に問題はないでしょう。ですが資格は完全にいらないのかといいますとそうとは言えません。IT業界で働くときに最も有利になる資格は経済産業省が国家資格として付与している「情報処理技術者試験」というものが一番有利になります。

一番基本的な資格として昔は初級システムアドミニストレーターと言われていたITパスポート。その上位資格の基本情報技術者という資格、それより上になりますと応用情報技術者がありどれも取得することによってIT業界で働くときには非常に役に立ちます。

免許が必要ないからと言って重要な資格を取得しないというのもまた問題です。ですが、実際にIT業界で働く人に聞いてみますと「資格を持って会社に入ってきた人よりも資格がなくて実務で学んで成長した人のほうがよっぽど役に立つ」という話を聞いたことがあります。

つまり、実務で他の人に追いつけ追い越せで勉強をしていくことによってより自分の仕事のスキルを上げることができるのです。ですから、私はIT業界で働くことだなんて無理なのかなと思っている人もいざ飛び込んでみると自分にあっているという不思議なことも起こりえるのです。資格を取るために仕事を一生懸命頑張れば仕事場での評価も上がることでしょう。

これからIT業界で働きたいけど未経験だからと悩んでいる方、迷わずIT業界へ飛び込んでみてください。
中には、これまで経験がなくても最初からフリーランスとして活躍している人もいます。あなたも新たな可能性を秘めているかもしれません。
そんな未経験でも、IT関係の仕事で成功を収めたいという方に参考となるサイトはこちらです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です